読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さわごと

備忘録。日々のことをつらつらと・・・

いえもん

私の家族は関西出身、そして私自身は東京下町で生まれ育ちました。
おかげで、この上ない「粉もん環境」に恵まれて大きくなった。チビだけど(笑)

お好み焼きはもちろん好きだけどね、どちらかと言えば「もんじゃ派」
近所のおねぇちゃんに連れられて、駄菓子屋の奥座敷でよく食べたな。

ちょこっとのキャベツと紅生姜に、味の付いてない駄菓子の麺入れて←ベビースターよりも安いやつね(笑)
ソース味の駄菓子屋もんじゃ、当時の値段で100円くらいだった。懐かしい。

大人になった今でもよく食べるけどね、外では殆ど食べない。
あまり美味しくないし無駄に高いからw

てなわけで、家でもんじゃだから「いえもん」w…今はなき某ロックバンドには興味ないし、ペットボトルのお茶もあまり好きではありません。念のため…( ̄▽ ̄)

まずはつまみ代わりに。
f:id:sawa_goto:20150312134328j:plain
小麦粉山盛り大さじ1杯+水180ccに細かくざく切りにしたキャベツ、刻んだ紅生姜、揚げ玉を入れる。これがベースね。

そこに明太子、キムチ、豚肉をトッピング。
もんじゃと言えばソース味だけど、ここはあえて醤油で味付け。
んー大人なもんじゃです(ノ∀\*)キャ

2品目はトッピングに生イカ、そば、コーン、チーズを入れたもの。こっちはもちろんソース味でね。
f:id:sawa_goto:20150312135221j:plain
この組み合わせ、私のもんじゃ人生の中で最強の物だと自負しております( ̄^ ̄)ゞビールがすすむのね🍻

自慢じゃないけど…
もんじゃを認めない関西人を、これで何人も唸らせて来ましたw
ちなみに関西出身の私の家族も、もんじゃを認めることはなかったけど美味しそうに食べてたな(笑)

故に、駄菓子屋でもんじゃを知った者としては、今時のもんじゃ屋ではあまり食べたくないのね。
土手作れだの、キャベツ刻めだのお作法がうるさいし。トッピング含め具が少ない割に値段も高いし…

やっぱり家で作って食べるのが一番。
「いえもん」バンザーイ*\(^o^)/*です!

ってことで記事を〆ようとしましたが…

外でのもんじゃを頑なに嫌がってた私に、この後異変が(・・;)

つづく…(笑)


※美味しく焼けたもんじゃの写真もありますが、掲載は自主規制によりNGとさせていただきます(笑)